悩んでいる女性の力になりたい。その一心で恋活サイトの女性とメールをはじめた山口。それほど深刻に悩んでいるなら会って話を聞いてみようと決意したそうです。女性恐怖症の山口からしたら、一大決心だったと思いますよ。そのためにメールでお互いの都合のいい日をピックアップして会う日を決めようとしていたそうですが、なかなか会う話が進まなかったそうです。最初は女性の方が会う事に積極的だったのにも関わらず、メールばかりが続いて一向に会う気配をみせなかったんだとか。

 

それでも毎日のようにメールで悩み相談をされるという事が続き、さすがに山口もしびれを切らして「会わないならメールを止めにしましょう」と言ったそうです。ですが女性は言葉巧みにメールを止めさせないように仕向け、それからもメールばかりの日が続いていきました。当然メールの料金だってバカになりません。聞くところによるとそのサイトは一通メールを交わすのに200円が掛かっていたそうです。それを繰り返していればとんでもない金額になってしまいます。それでも優しい山口はお金を惜しまずに女性とのメールを続けたそうです。普通なら早めに気が付きそうなものですが、実際に自分が当事者になったら、信じ込んでお金を使ってしまうのでしょう。それほど巧妙な手口なんだと思います。

 

その後山口は自由に使えるお金が底をついてしまったので、仕方なくメールを止めることにしました。それまでにメールの料金として費やしてきた金額は何と30万円に及ぶと言っていました。正直な話30万円て月給と同じくらいですよ。それを会えもしない女性とのメールに使ってしまうのは正直言ってバカの極みです。だけど実際に当事者になれば信じ込んでしまっても不思議ではありません。これが恋活サイトの実態。ですのでいくら彼女欲しいという気持ちを抱き、恋活サイトで彼女募集をしても、決して叶う事はないんです。実際に辛い体験をした山口が教えてくれたから俺はその被害にあう事はないですが、山口と同様の被害にあっている方はかなり多いんじゃないでしょうか。彼女が欲しいという気持ちがなかった山口でも被害にあうのですから、本気で彼女募集をしている人なら、もっと被害額は大きくなっているのかもしれませんね。

 

優良サイトランキング登録無料
恋活サイトランキング
彼氏を探している女性が数多く登録